新入生インタビュー!④

こんばんは
2年マネージャーの齋藤です。

新入生インタビュー第4弾は、短短の宇留野くんです!
今回は、先日ご紹介した藤(経1)、塩原(理2)、増田(商2)が登場します
写真 12-05-30 18 07 28

左から増田・塩原・宇留野・藤

宇留野弘毅(ウルノコウキ) (短短パート)

-お名前は?
SFC高校出身、宇留野弘毅です!

-学部は?
経済学部です。

増田(以下、増)-そもそも、どうして競走部に入ろうと思ったの?
去年から高校の先輩である河南さんの話を聞いていて、競走部はレベルが高くて手が届かないなと思っていたのですが、
去年の高校の合宿に参加したときにこのままじゃ終われない、と思って河南さんに相談して、去年の夏明けには入部することを決めていました。

増-夏の合宿で終われないと思ったというのは?
夏前の県大会で引退したのですが、陸上をはじめて3年じゃまだやりきれてないと思い合宿に参加し、
まだこんなに走れるならこれからも続けていくべきなんじゃないかと感じて、大学でも続けることにしました。
増 伸びしろを感じたんだね!
そう・・・ですね!
増 あー俺と同じだ!!俺も伸びしろを感じたからね、ここに入ったんだ!まだ伸びてないんだけどね。
(cf:関カレ選手紹介③の塩原のインタビュー参照)
一同 笑

増-実際、入ってみてどう?
楽しいです、すごく!
高校では、先生が出したメニューを“こなす”練習が多かったのですが、
大学では自分でしっかり考えて練習できるということで、日々が身になってるな、と実感しています。
一同 おぉー、かっこいい・・・!

増-同期はどうですか?
同期に限らずですが、面白かったり家庭的だったり陸上だけじゃない人がたくさんいるので楽しいです。

-じゃあ、仲良しの1年生は誰ですか?
短短は皆仲良いですが、刈田(高跳び)と仲良いですね!
帰り道が一緒なので、よく一緒に帰って陸上以外の話をします(笑)

増-尊敬する先輩は?
もちろん、河南先輩はすごく尊敬してます。
高校からずっと見てきたので、競技に対する姿勢がすごくわかりますね。
人間的にはまだわかんないんですけど(笑) 
あの人の背中を見て自分も頑張ってきた感じなので、弟みたいな感じですね。
一同 おぉー。これは、河南絶対喜ぶ!!
あとは、、、谷口さんとか、外谷さん(OBの方)とかですね。
大学に入ってから練習を頑張って記録を伸ばしている方の姿を見ると、自分も頑張れるなと思います。
・・・俺、こんな真面目に答えてていいんですかね?笑

-じゃあ、面白い質問もしとく?好きな女性のタイプは?
明るい人が好きです。笑顔が素敵な人がいいですね!

藤-えーでは、聞きたいのですが、、、この競走部で2年生までに達成したい目標は、陸上以外でなんですか?
一同 陸上以外なんだΣ(・ω・ノ)ノ笑
藤 えっ、じゃあ、陸上と陸上以外!

陸上は、今年中に11秒前半までもっていきたいですね。
でもそうやって自分に限界決めるとよくないので、いけるとこまでいきたいです!
陸上以外では、、、最近失恋してしまってつらかったのですが、
この恋の痛みを忘れるには新しい恋をするのがいいってどっかの戸山(高校出身)の先輩が言ってたので・・・
塩原(以下、塩) 俺だーーーーーΣ( ̄ロ ̄|||)
一同 (笑)
その方が、恋愛は上書きしろって言ってました!
増 てことは、目標は?
新たな恋がしたいですね!
じゃあそんな戸山の先輩からアドバイスを
塩 まあ、僕はこの一年陸上はじめいろいろスタートが遅れたので、最初は肝心だと思うので頑張ってください(笑)
増 陸上も環境が変わった今がすごく大事だと思う。あと、恋愛もここでこけるともうどうしようもない。詰んだわ!
一同 (笑)
 
わかりました!笑

塩-ていう先輩方はどう思いますか?
尊敬してます!

藤-最近あった悔しいことと嬉しいことは?
悔しいことは、まあやっぱり別れたことですね。
塩 悔しいし、つらいよね、、、泣
嬉しいことは、最近かわいい女の子と知り合ってメールしてることです。
あと、藤にスタート勝ちました!
藤 いや、それはどこまでをスタートっていうかですよね・・・・・土曜日やったら、土曜日やったら・・・・・・・・・・・
うーん、まあ今回は素直に負けを認めますけど・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・以下略

塩 男の人は素直さ大事だよ
藤 はい、今回は男として宇留野くんの負けを認めます。負けを認めた上で、精進していきます。
塩 ・・・お前のインタビューじゃないんだよ!笑

塩-ここの競技場どうですか?
学校から近いし、最高の環境ですね

-どんな先輩になりたいですか?
背中で語れる先輩になりたいです。
一同 おぉー
塩 俺以外だな・・・

-最後に競走部での目標を!
最初入部した当初は自己ベストだせればいいと思っていたのですが、
やっぱり関カレを見て出たいと思ったので、4年間の中で必ず関カレ全カレの標準切って出たいと思います!

-うん、完璧!ありがとうございました(*・ω・)ノ
ありがとうございました!

20分にわたりインタビューに答えてくれた宇留野くん。
陸上に対してとても真面目な姿勢が伝わりました
高校とは環境が変わったこの競走部で、多くの先輩や同期たちと切磋琢磨して速くなっていってほしいと思います
競技も恋愛もマネージャーはサポートします

最後に、今年マネージャーパートにトレーナーとして入部した星野(法1)にマッサージを教える坂本(環3)と
練習台になる木下(薬4)の写真をのせて、今回は失礼致します。
写真 12-05-30 18 52 44

左から木下・星野・坂本
本当に気持ち良さそうな木下さんの顔に注目です!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です