日本選手権エントリー確定

こんにちは
シーズンインから早2ヶ月、5月ももう終わってしまいます
6月に行われる日本選手権のエントリーが確定したのでお知らせします。

日本陸上競技選手権大会 6月8、9、10日 @大阪、長居陸上競技場

100m 本橋秀章(経4) 
     山縣亮太(総2)  ロンドンオリンピックA標準突破
200m 山縣亮太(総2)  ロンドンオリンピックB標準突破
800m 笹村直也(法3)
1500m 坂庭大樹(総3)
砲丸投げ 秋本壯樹(環4)
三段跳び 平井優季(総4)

言わずもがなですがOBからは、
100m 後藤乃毅さん
400m 廣瀬英行さん  ロンドンオリンピックB標準突破
800m 横田真人さん  ロンドンオリンピックB標準突破
走幅跳び 宮岸暖さん

が出場します

山縣はA標準を突破しているので、この大会で優勝すればオリンピック代表に内定です。
彼自身が十分この重圧をわかっているので、サポート・応援は普段の大会以上に「いつも通り」を作って温かく見守りたいと思います。
どんな状況でも、慶應競走部は山縣にとって一番居心地の良い場所をつくりましょう!

そして、日本選手権出場にはAorB標準記録突破と地区選手権3位以内という資格があります。
神奈川県選で出した本橋の10”55
昨年の夏、地道に自分の練習を続けていた姿がとても印象に残っています。
関東選手権で優勝して出場を決めた時は、焦ったり迷いながら一人でここをずっと見てきたんだなと思いました。

笹村は昨年の日本選手権では9位と、決勝まであと一歩のところまで迫りました。
その年の関カレが自分でもどうしてかわからないレースとなっただけに試合前は不安そうでしたが、
日本選手権では自分の走りができて良い切り替えとなる試合となりました!
今年こそは決勝で戦うと意気込んでいます

坂庭も昨年の関東選手権で優勝
秋の川崎陸上フェスティバルで3′49”83を出し出場を決めました
長距離パート所属ですが自分が結果を出したい1500mに専念することを決め、昨夏は長距離合宿ではなくOB横田さんの合宿に参加、予選会への出場も辞退しました。
その分しっかり自分のやることに向き合って、ここまで来ることができました。
関カレでは自分の走りができませんでしたが、やっとつかんだ日本選手権は坂庭にとって良い試合になって欲しいです。

優季は昨年の全カレでPB12m33を出し、一年生の時以来の日本選手権出場です
練習スタイルが1年の時と今ではかなり変わったという優季。
1年生の後半から記録が伸びず、色んな人の助言や自分のダメな部分にも向き合って3年生の夏にやっと一山越えることができました。
10年間の陸上生活のラストイヤーである今年は、全ての試合が悔いのないものになりますように!

秋本は2年生の時以来の日本選手権出場です
2年生で出場した時は15m70で8位入賞も果たしています
昨年はあと1センチ標準記録が足りずに出場ができず悔しい思いをしました。
ベストが15m88となり塾記録保持者となった4年生ではどんな結果となるでしょうか
16m以上を投げる選手が大勢いるこの試合で、秋本がどこまで自分と戦えるか必見です!

日本身体障害者陸上競技選手権兼2012ジャパンパラ陸上競技会

6月2、3日 @大阪、長居陸上競技場

100m、走幅跳び 高桑早生(総2) 

高桑はT44クラス(下腿切断)で・走幅跳び・100mともにロンドンパラリンピックA標準を突破しています
5月上旬にロンドンで行われたパラリンピックのプレ大会では、走幅跳びでPBを出しました
記録に関して本人は喜んでいませんが、得るものの多い大会だったようです。

長居陸上競技場で一足早く行われる、早生の日本選手権!!
こちらにも熱いご声援をお願いします

以上、2つの日本選手権のエントリー選手についてでした!
タイムテーブル、選手の状況、競技結果などは、また随時マネブロにアップします。
どちらの大会も宜しくお願い致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です