関東インカレを終えて

こんばんは

2週に渡って行われた関東インカレが終了しました

yu

慶應競走部の結果は、
総合得点17点13位

うちわけは谷口文也(経3) 100m6位、200m3位
       笹村直也(法3)  800m6位       
       4×100mR 本橋(経4)-谷口-岩見(理工2)-野村(商2)   6位       
       秋本壯樹(総4)が砲丸投げ7位 

です。

当初の目標は総合入賞でしたが、今回は厳しい戦いとなってしまいました。
関東インカレでの悔しさは関東インカレでしか返せません。
4年生は今回が最後ですが、後輩たちはすでに始まった来年の関東インカレにそれぞれの思いをぶつけて欲しいと思います。
そして過去最多の7人の応援統括率いる応援席が、4日間どんな時も熱いエールを送ってくれたことが大きな力になりました
応援ミーティングを開催するなど、例年以上に色々動いてくれました
怪我などで当初の選手全員が活躍できなくても最低限一部に留まれたのは、慶應競走部の底力とこうした応援にあったと思います。

個人を抜粋して見ると、
まず志比菜津実(総3)が今年から始めた800mで決勝に進出!!
8位入賞をしました
予選、準決では走るごとにPBを更新し、2’10”96の塾新もたたき出しました
平井優季(総4)もベストには及ばなかったものの、8位入賞
2人とも得るものの多い大会となりました

男子では春山真寛(総3)が400mHで51”56のPB
準決勝進出を果たし、決勝へもあと一人の所まで迫りました。
三段跳びの重村有亮(環3)も15m06で9位。
最後の最後で相手に記録を伸ばされ、途中まで8位だっただけに悔しい思いをしました。
堀内隆太(環3)も円盤投げではベスト近い44m17を投げ、12位という結果に
110mHでは小島弘毅(環3)が14”72でベストを更新!
4人とも来年こそは決勝に!と意識を高めました。

そして今回大活躍を見せたのが谷口文也(経3)!!
100mでは10”54で自己ベストを0.01秒更新
200mでも向かい風1.2mの中、21”05のPB
好記録の半面、風に恵まれないレースが多かったのも谷口らしいです笑

関東インカレは終わりましたが、6月には日本選手権・同志社戦・各種記録会とシーズンはまだまだ続きます!
次の目標に向かって精進していきたいと思います。
会場に来て下さったOBOGの方を初め、多くの方からご支援・ご声援を頂きありがとうございました。
競走部はまだまだ発展途上です。
今後とも宜しくお願い致します

ka

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です