静岡国際陸上@エコパ

こんにちは!
2年マネージャーの瀬田川です。

本日は、静岡県の岡佐山総合運動公園エコパスタジアムにて行われました静岡国際陸上の結果報告をさせて頂きます!

IMG_0501

エコパは昨年の短距離合宿でお世話になった競技場でした。

<結果>

200m
山縣亮太(総2)
20″66(-0.3)組1着、優勝!!

400m
廣瀨英行(OB)
47″53 組8着

800m
笹村直也(法3)
1’52″46 組3着

横田真人(OB)
1’46″85 組1着、大会タイ、優勝!!

4×100mR
2走、山縣亮太(総2)
38″69 大会新、優勝!!

全体の結果は以下のURLよりご覧ください。
静岡県陸上競技協会、静岡国際陸上結果
http://www2.wbs.ne.jp/~nagata/t&f/120503HTML.htm#2

DSCN5086

200mスタート前の山縣(総2)

広島で4月29日に行われた織田記念陸上競技大会で、10″08の自己ベストをマークした山縣は向かい風ながらセカンドベストを出して、見事優勝をしました。
本人は「体は軽い」と調子はそこそこいい感じみたいな感じで話していましたが、レース終盤にタレたな~など語っており、200m初戦で改善点を見つけることができたようです。

DSCN5098

2走の位置でレースが始まるのを待つ山縣(総2)

4×100mRでは、Aチームの2走という代表選手の中でもエース的なポジションで走っており、いつものKマークとは違い、代表ユニフォームを着ている山縣を見るのは不思議な気持ちでした。
今週末の6日(日)に川崎で開催されますゴールデングランプリ川崎にも出場する予定の山縣は、連戦で疲れがたまってきてしまいそうですが、しっかりコンディショニング、無理しないように休んで合わせてきてくれるのではかなと思いました。

DSCN5090

800mスタート前の笹村(法3)

800mに出場した笹村は、本人としてはもう少しタイムが付いてくるとよかったと思ったみたいですが、試合前に自分が意識しようと思ったことをしっかりできており、関カレに向けての課題を見つけることができたようです。
先日の4月29日(日)に日体大で800mのペースメイカーとして600mまで引っ張った時の調子から見るとまだまだやれると思います。

関カレまで残された時間は着実に少なくなっています。
その時間の中で、やらなければいけないことをしっかりこなしていき、関カレの舞台で活躍できるように選手をサポートしていきたいなと思います。

以上です。

それではまた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です