六大学対校戦事前特集

今シーズン最初の公式戦である六大学対校戦に向け、パートチーフにはパートのアピールポイントを、出場選手には抱負を語ってもらいました。全員気合十分で、大きな期待がかかります。

短短パート


本橋パートチーフより:短短パートは30点獲得を目標に六大学に挑みます。選手の調子も良く、100m、110mH共に上位独占が期待できます。4×100mでは大会記録を更新しての優勝を目指しています。

本橋秀章(100m・4×100mR):100m連覇を狙います!
小島弘毅(110mH):シーズンインとして、関カレに向けた良いスタートダッシュとなるようなレースをしてきたいと思います。出場するからには点数を一点でも多く獲得して来たいと思います。応援よろしくお願いします!
谷口文也(4×100mR):新チームでの4継が非常に楽しみです!優勝だけを目指してチームに貢献する走りをしたいと思います!
岩見隆裕(100m・4×100mR):4継の優勝に貢献できるよう僕のできる最大限の力を発揮したいと思います。
河南修平(4×100mR):補欠ですが万全の準備をし、最高のサポートをします!雰囲気を盛り上げていきます!
久保健二(110mH):ハードルでも標準切ります!
野村隆太(4×100mR):補欠も選手!自分も走っているつもりで臨みます!
山縣亮太(100m・4×100mR):リレー全勝の目標に向けて幸先の良いスタートを切りたい。個人的にも走りが充実してきているので、イメージ通りのレースがしたい。

短長パート


大野パートチーフより:今年のマイルチームは脂の乗ってきた(※太ったわけではない)3・4年生に加え、非常に優秀かつ将来有望な1・2年生によって構成された大変バランスの良いチームとなっています。慶應の新生マイルチームをどうぞよろしくお願いします。総合力で戦います!

大野三津雄(400m・4×400mR):最上級生として走りでチームを引っ張っていけるよう頑張ります。我が陸上競技人生に一片の悔いも残さぬよう一本一本集中して走ってきます。
春山真寛(400m・4×400mR):マイルリレーで、二連覇目指して精一杯頑張ります!
壁谷智之(400m・4×400mR):今年も短長が嵐を起こします。
塩原寿周(4×400mR):初めてのKマークに満足することなく、チームに貢献したいです。
八木維信(4×400mR):ぶっとばしてかちこむ!
室伏基(4×400mR):先輩方に恥をかかさせないようにします!

中距離パート


横田パートチーフより:中距離パートから四人の選手が登録されています。彼らは関東インカレ800mの標準突破者8名、昨年の全日本インカレ800mフルエントリー&入賞者一名を輩出している精鋭ぞろいの中距離パート内で選考を勝ち抜いた精鋭中の精鋭です。当日は800mダブル上位入賞を約束します。ご期待ください。

浅井克弘(800m):熱い走りをお見せします!!
大森理範(1500m):学ランから着替えて登場します!
櫛田貴茂(800m):カッコ良く優勝してやんよ!!!!!!!!
笹村直也(800m):調子はかなり上がってきているので頑張ります!

長距離パート


齋藤パートチーフより:長距離の六大学の注目は、1500mの坂庭君です。日本選手権出場資格を持つ坂庭君が上位に食い込むことを期待しています。同種目の岡田君も3分台に期待です。毎年苦しい闘いを強いられる3000mSCは、松田君が4年生の意地、そして粟田君の若い力で点数をもぎ取ってきてくれると信じています。5000mは鐵本君と門出君がどこまで強豪校相手に善戦できるか注目です。私は怪我のため出場を回避させていただきますが鐵本君、門出君がやってくれます。応援よろしくお願いします!

松田昂大(3000mSC):六大のサンショーは2年連続最下位。その悔しさがあるからこそ、六大に懸ける気持ちは誰にも負けません。最後の六大、とにかく1点でももぎ取ってきます!
門出康孝(5000m):5000mは二人で3点死守します!応援よろしくお願いします!
鐡本智大(5000m):レース後のご褒美はいちご大福。
岡田健吾(1500m):三年目にして初の六大出場ということで、緊張もありますがワクワクの方が強いです。現在故障ぎみですが、最低でも点数はしっかり取るように頑張ります。
坂庭大輝(1500m):昨年は肺が破れていて走れませんでしたが、今年は優勝を目指して頑張ります!
濵松主臣(3000mSC):得点で長距離パートの存在感を示します!
粟田貴明(3000mSC):棄権が濃厚ですが、間に合うように頑張ります!

フィールドパート


秋本パートチーフより:今年度は創部以来、史上最多人数となり、さらに史上最強と言っても過言では無い豊富な戦力が揃いました。来る六大学は「競走部の勢いはフィールドから」を合言葉に、フィールド7種目で70点獲得、ライバル早稲田大学に肉薄、勝ち越しを目指します。

秋本壯樹(砲丸投げ、円盤投げ):三連覇します! 勢いはフィールドから!
石川航平(棒高跳び):正選手ではないのですが、いつ自分の出番が回ってきてもいいように万全の準備をします。応援よろしくお願いします。
長尾勇佑(走り幅跳び):3年前、この試合で大怪我をしたのが大学での競技生活における全ての始まりでした。そんな因縁を晴らすべく、なんとしても今回は自己ベストを出して優勝します!
西森大展(やり投げ):今回は補欠ですが、オープンで出場予定なので、ピットの1番近くで正選手の2人をもり立てていきたいと思います。
小野寺将也(三段跳び):出場が決まれば三段跳での大試合は高校以来です。ホップ・ステップで潰れずしっかりジャンプできるよう頑張ります。
重村有亮(三段跳び):調子は悪いですが、ワンツー目指して頑張ります!
杉本侑嗣(棒高跳び):吉田と一点でも多く点を取り、二人とも自己ベストを更新し、部に貢献したいと思います。
日比野就一(走り幅跳び):出たら点取ります!
堀内隆太(やり投げ、円盤投げ):円盤、やり共に2位は譲りません。見ていて安心できる試合を!
三宅泰生(走り幅跳び):7m目指してなるべく点取れるよう頑張ります。
吉田惇(棒高跳び):4m以上跳んで4点以上とりたいです。
和泉理久(三段跳び):冬季で変わった姿を見せたいです。思い切って跳びます!
キアラシ・ダナ(砲丸投げ):このような大きい大会に歴史ある慶應義塾のユニフォームを着て出場出来ることを誇りに感じていますし、素晴らしいチームメイトの皆さん、家族、そして神様に感謝しています。
詫摩知弘(走り高跳び):思いっきり跳んで、点取ります!応援よろしくお願いします!
仲村将太朗(走り高跳び):190cm跳べるよう頑張ります。
海老原正樹(やり投げ):上位入賞して得点を稼ぎます。
刈田真人(走り高跳び):2m以上跳んで3位以内に入ります!
堀内隆仁(円盤投げ):選手として出場できたら1点でももぎとってきます。

六大学対抗戦での我が部の活躍をご期待ください。ご声援のほどよろしくお願い致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です