10000m記録挑戦会

こんばんは
3年マネージャーの石井です。

先週の金曜日から始まった三田祭オフ期間も明日で最終日です。
ちょうどこの時期は移行期の選手も多いので、思い思いの楽しいオフが皆過ごせたのではないでしょうか。

そんなオフ期間の中、今日は国立競技場で10000m記録挑戦会が行われました!
学連選抜の選手を決めるレースが行われる大会なのですが、標準記録を切っていれば誰でも出場することができます。
昨年は平塚さん(商4)が学連選抜候補に選ばれ、そのレースに出場していました

今日出場したのは左から濱松(経2)内山(商2)です
写真

結果は
濱松 31’19“91 組3位 PB
内山 31’39“11 組8位 PB
でした!

長距離陣は最近記録会に出るたびに必ずPBがでています
今回は位置取りが難しく2人とも独走になってしまう時がありました。
特に濱松は4000m以降ほぼ一人で走ることになってしまったのですがその中でも自分のぺースを維持して走り切りました。
PBは出しましたが、練習から考えるとまだまだタイムは出るはずです!
12月の頭に今シーズン最後のトラックレースがあるので、2人ともそこでリベンジを図りたいと言っていました

そして来年で箱根駅伝の学連選抜制度は最後です。
来年の10000m記録挑戦会には、学連選抜候補としても出場者がいると良いなと思います。
一歩一歩着実に各自の目標を達成することが箱根に近づく道だと思うので、少しでもその力になれるようこれからも一緒に戦っていきたいと思います。

もう入っている人もいますが、三田オフ後から短距離・フィールド陣は本格的に冬期に入ります。
シーズン中は各自の試合に合わせて動くので、パートごとでまとまって練習することは少なくなってしまいます。
そうした意味でも、冬期練は各パートが一体となって練習するのでより部活に団結感がでて個人的には好きな雰囲気です。
きつい練習を積む期間となりますが、春に最高の結果がでるようチーム一体となって頑張りましょう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です