第19回アジア選手権 廣瀬英行(環4)が2位入賞

7月7日(木)から神戸総合運動公園ユニバー記念競技場で行われているアジア選手権に慶大から廣瀬英行(環4)が出場しています。

男子400mの日本代表として出場した廣瀬は予選を46″35で組1着で決勝進出。迎えた決勝では、日本代表3選手が残る中、日本人トップとなる2位に輝きました。

決勝の結果は以下のとおりです。

▼男子400m
1着 ユーセフ・アハメド マスラヒ(サウジアラビア) 45″78
2着 廣瀬英行(日本) 46″03
3着 金丸祐三(日本) 46″38

7月7日~7月8日

氏名 種目 ラウンド 記録 着順
廣瀬英行 男子400m 予選 46″35 組1着決勝進出
決勝 46″36 2位

競技結果・スタートリストは第19回アジア陸上公式HPにて公開中です。
http://www.jaaf.or.jp/aac19/index.html

男子400m結果
http://www.jaaf.or.jp/aac19/startlist/liveresult/pc/r_m_400_f.pdf

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です