第7回関東インカレ特集 男子200m 山縣亮太

第7回は、男子200mで世界陸上B標準を切り、3位入賞を果たした山縣亮太です。

また、山縣は本日より行われる第95回日本陸上競技選手権大会で100mと200mに出場しております。本日行われた200m予選では20.86(+0.8)をマークし、決勝進出致しました。ご声援のほどよろしくお願い致します。

山縣が世陸B標準突破

男子200mは大会3日目に予選が行われ、準決勝、決勝が最終日に行われる種目。既に先週、男子100mで2位入賞、更に4×100mRでもアンカーとしての役目をルーキーながら見事に果たした山縣亮太(総合1=広島・修道)にはさすがに疲労の色が見えていた。本人も身体の調子に関しては「GPシリーズ、ゴールデングランプリ川崎など連戦で身体は気がつかないうちに疲れていました」と振り返る。その身体の疲れを察知した山縣は一週目と二週目の間の5日間、疲労を抜くことを第一に考え、迎えた予選のレースでは21″27(-0.4)で組一位の順当な通過。積極的に身体を休ませたことも「休んだ分(身体は)切れていた」と功を労したようであった。しかし余裕を見せたこのレースでも彼の理想の走りである「力まずにスムーズに加速をしていく走り」にはまだまだ及ばなかったと言うから驚きだ。

[写真]自身の持つ塾記録を更新し、世界陸上B標準を突破した山縣亮太(総1)
時間が経つにつれて天候は荒れ模様を見せた最終日。準決勝では2組に出場をした山縣は小林(法大)に続く、21″10(-0.6)で2位通過を果たす。そして決勝、疲労もピークに達してはいたが「応援席からの部員の方々の声援が僕の力になりました」と気持ちの面で後押しされ、山縣はスタートまで気持ちを高め、理想の走りが出来るよう自分にムチを入れた。6レーンから臆することなく飛び出し、加速に乗りホームストレートへと足を運ぶ。そこから山縣は3レーン小林と100mでも優勝を果たした4レーン川面(中大)と三人が横一列に並ぶ展開を見せ、そのまま3人は周りを引き離し、ほぼ同時にフィニッシュ。順位こそ2人に一歩及ばず3位ではあったが、自身がGP静岡国際で出した20″84の塾新記録を更に更新する20″62をマークする。さらに同時にこの記録は世界陸上B標準を切る素晴らしい記録となった。上位2人も同様に世界標準を切る結果となり、稀に見る高速レースで200mは結末を迎えることとなった。

動画のポイント

自分が余っているもの全てを出し切り、前半速く走れた山縣。走り終わった後も見ていた人から「あんなに出し切っているのは初めて見たよ」と多くの人から言われたそうだ。100mと200mの動画の双方尾を参照すると違いが分かりやすいかもしれない。またスタートに関しても100mの時よりも修正、改善が出来たと述べてくれた。しかし彼が理想としている「力まずスムーズに加速していく走り」に関しては決勝でも同じように納得はしなかったようだ。その山縣が200mの今後の目標として話してくれたのが「今シーズンに入ってからまだ理想のレースが出来ていないので、まずは理想のレースが出来るようにしたい。そして更に自己記録を更新していきたい」だった。今後さらに成長を遂げ、掲げた目標を達成していくだろう彼の姿に注目してもらいたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です