箱根駅伝チームエントエリー

こんにちは!!
更新遅れて申し訳ありません。
1年の山地です。

先週12月10日に恵比寿ガーデンプレイスにて
箱根駅伝チームエントエリーを行いました
BlogPaint

各大学16名、総勢320名がエントリーされました。

いよいよ箱根が始まるんだなあと改めて実感しました。
そしてその後行った記者会見・トークバトルには
沢山の報道陣やファンの方がいらっしゃり、
思っていた以上の規模の大きさと注目度の高さに
驚くばかりでした

エントリーを終えて事務所もだんだんと慌ただしくなっています。
私も表彰の仕事を主にやっていますが、
やることが山積していて忙しい毎日です。
でもだんだんと当日の形が見えてきて楽しくもあります

ところで私には前主務・梶原さんに言われて
ずっと心に残っている言葉があります。

それは「箱根路を走るのは200人だけど、
運営しているのはたった25人なんだ」という言葉です。

もちろん補助員、審判、もっともっとたくさんの方々の力をお借りして
箱根駅伝は成り立つわけですが
原点となる関東学連学生幹事は25名だけです。
私は昨年「続報!箱根駅伝~もうひとりのヒーロー~」を見て
箱根駅伝が学生によって運営されていることを知り、
学生の無限の可能性を感じて学連に入ることを決意しました。
そのことを思い出させて下さった言葉でした。

日本のお正月の代名詞とまでなっている箱根駅伝。
それを学生の手でつくり上げている。

これを誇りに思い、
また力を貸してくださる全ての方々に感謝しながら
箱根に臨んでいきたいと思います

そして私が関東学連常任幹事であることで
競走部にも新たな刺激が加わると嬉しく思います。
なかなかグラウンドに行けず申し訳ないですが
お互い頑張って行きましょう
部員の皆さん、寒くなって来たので風邪にはお気を付けてくださいね!!

ではまた

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です