全日本インカレ選手インタビューPart4

全日本インカレが明日に控えた前日の今日は男子・女子マイルメンバーの紹介です

まずは、圧倒的男子に負けず劣らず存在感を示している女子部員で構成されている女子マイルメンバーです

女子マイル

女子マイルチーム目標

来年の関東インカレに繋がる走りをする!!

今回のチームはどのようなチームか教えてください。

(平井(環2))
突然まとめられたチームですが、まとまる時はまとまる・やるときはやるチームです!

(志比(総1))
わこさん(新家)がいることでチームに活気があります。
関東インカレではメンバーに入っていなかったのに努力して入った方で尊敬しています。

チームとしては、がんばるひよこちゃんチームです

ひよこちゃんというのは、まだ経験をつなんでいないという意味でみんな「ひよこちゃん」だそうです!
かわいい表現をしますね
女子マイルバトン

志比は練習前後の部室では、いつも明るくみんなのムードメーカーです
昨日はジーンズを履きながら「ベストジーニスト賞目指します」と言っていました
本当に小顔でスタイルがいいので、是非その点にもご注目ください
ミサンガ

志比と同じく1年生の町野へはメンバーへの思いを聞きました。

(町野(商1))
志比 400専門なのでマイルに対して、人一倍の思いがあります!
平井 個人があるので、大変なのは分かっているのに頼ませてもらいました。先輩の努力を無駄にしないようにしたいと思っています。
新家 春夏と見ていて進化されているのが分かって私も嬉しいです。

町野の言うように、平井は2日目12時より女子三段跳でも全カレに出場します。平井にとってきつい日程となることが予想されますが、平井からいつも感じている芯の強さとメンバー同士の絆、競走部からの応援を追い風にがんばってほしいです。

新家は、初めてのマイルメンバー入りです!「すごい緊張する!」と言っていました。
そんな新家には、マイルメンバー紹介をお願いしました!

(新家(商3))
町野 攻めのランナー
志比 繊細な努力家
平井 補強お化け

いろんな人がいる。多種多様なチームです!

納得のフレーズたちです
チームの特徴を上手く捉えているのではないでしょうか

では、チーム内での自分の目標はなんですか?

(新家)
関東インカレにつながる走りをしたいです。
頑張るー!!
自分の力をしっかり出し切って走りたい。

(平井)
きちんとわこさん(新家)に渡す。
三段の疲れが怖いですが、みんなが走ってくれることに感謝して走りたいです。
具体的には1分かからないようにがんばりたい。

(志比)
1走なので、なるべくたくさん貯金を作って、慶應に流れを作りたいです。

(町野)
100・200mが専門で400はマイル以外では走らないけれど、来年の関東インカレマイルで戦えるような準備としてやっていきたい。
具体的にはラップで57秒代。関東インカレは58”6でした。
同じ失敗を繰り返さないように、納得できる走りをしたいです。

最後に一言何かある?

(新家)
応援が力になるので、たくさん応援してください。

(平井)
あたたかく見守っていてください!!

(町野)
女子マイルメンバーの走りで、女子チームがこれから進化していくきっかけになればいいと思います。

女子マイル変顔

経験が少ないというこのチームですが、その分可能性は大きく広がっていると思います。

ひよこちゃんチーム!

がんばってください

マイルリレーのベテラン集団、短長パートの先輩達より女子マイルチームへメッセージを預かっています!

木村(経4)

全員初めての全カレマイルリレーで緊張や不安があると思うけれど、恐れずに攻めの姿勢で挑んでこい!

三浦(経3)

女子は最近まとまって、お互い高めあい質の高い練習積めてると思います。自信持ってワンチャンものにしてきて下さい!

続きまして、全日本インカレ選手紹介大トリとなります、男子マイルチームの紹介です!

マイルメンバー

三浦・小川

目標は、男子4継チームと同じく、
表彰台・塾新!!

まずどんなチームか教えてください。

(三浦)
木村チーム
精神的にも練習でも信頼しています。

(大野(環2))
いいチームじゃないですかね。知らない間に2年生が多くなりました。
2年生の大森を中心に回っています。っていうのは冗談で、(櫛田によると、中距離は大森を中心に回っているそうです。大森はみんなの太陽 だそうです)
キムさんを中心に回っています。
皆の力が拮抗していて、チーム状態は良いと思います。
中距離が邪魔でした。

今回のマイルチームには中距離パートから大森・櫛田もメンバー入りを果たしています

(大森(総2))
笑いがモチベーションのチームだと思います。

このインタビューを行っている間も木村が親父ギャグを終始連発し笑いが絶えませんでした

そんな中距離メンバーには、中距離メンバーから応援メッセージをもらっています。

平野(理2)

まず大森。
7月にはまさか大森が全カレのメンバーに入ってくるとは思いませんでした。
足首のケガ、全身の毛が薄い、捻挫、口がデカい、英語ができない、これらの障害を乗り越えてマイルメンに入った大森は本当にスゴいです。
本当にスゴい、本当にスゴい毛が薄い。

次に櫛田。
出会ったころの櫛田は駅伝ランナーで、「多摩はダウン20分jogだから」が口癖のハゲ男でした。
そんな櫛田君ですが、ハゲ男からチャラ男になり髪がどんどん伸びていくのに反比例して、走る距離はどんどん短くなっていきました。
そしてついにはマイルメンに。

全カレでは都大路の経験を活かして、チームの雰囲気を盛り上げちゃってください。
得意のピストンが国立で爆発だ!

所々、ふざけていますが・・・・平野はこのメッセージを気持ちを込めて何回も打ち直してくれました。平野ありがとう

では元の話題に戻りまして、三浦からも、大野からもチームの中心と言われた当人の木村にこのチームはどんなチームか聞いてみました。

(木村)
関東インカレから4ヶ月、一息ついた6・7月は、モチベーションを保つことができなかった。
仕方のないことだったが、8月に入って競走意識が高まってきていました。

夏前には苦しんでいたマイルチームですが、8月の選考会では激しいメンバー争いがあり、しっかりと全日本に向けて、チーム作りができていることを感じます。

個々のメンバーにチームの中での自分の目標を聞いてみました!!

男子マイルバトン2

(木村)
今年からレースパターンを300mまで飛ばすことを意識して、ラスト100mしんどくなっていました。
全ては全カレのため、リレーマイル1走で結果を出すために練習してきました。
1走として、結果を出すことで満足できると思います。

(小川)
ラップタイムチーム2位!!キムチを抜きます!!

小川は木村を抜くという目標達成のために、『ラスト100mたれないようにケツ割れしてから足をいかに動かすかたれない練習や木村がやっているというフィットロン』を練習に取り入れてきたそうです。

(廣瀬)
目標として合わせてきた大会で結果を残せているので、全カレもしっかり合わせていきたい。
チームで、決勝進出を最低目標として、表彰台を目指したいです。
アジア選手権に向けてアピールもしたい!

(大野)
表彰台+塾新のために・・・47秒前半くらいのラップできたいです。

上半期、自己ベストを更新した大野ですが、タイムに波があったそうです。
でも今は「全カレに向けてバッチリ!!」とのことです
とても楽しみです

(三浦)
本番では走れないのでサポートと普段の練習で刺激を与えられる存在になります。

三浦は、春先、試合でベストを連発し、チーム内の競争意識を更に高めた存在だと思います。
またチーム内でも、三浦も含めた3年生は次期4年生として自覚を持って活動してくれているなと夏頃から特に感じています。

(櫛田(法2))
僕はみっつんを優しくストレッチするためのスキルを磨きます。弱すぎず、強すぎず・・・。

(大森)
全員彼女を作る!!!
キリンの勢力を強くする!
山田さんと付き合う!

大森はちょっとよく分からないですが、、、三浦・櫛田・大森はチームのサポートよろしくお願いします!

最後に一言ある?

(木村)
最後という気分ではないけれど、今年はフルメンバーなので、最終的な目標を達成します!

(小川)
一人抜かれたら、はつみ(山田)とデート!!抜かれたらランチおごり!(ランチデート!!)

(大野)
表彰台からのviewを楽しみにしています。

(櫛田)
みつお(大野)が一人に抜かれるにつき、昼食をおごってもらいます。逆に一人抜く度に、ジュース1本をあげます。

男子マイルメンバーへも応援メッセージが届いています。

トレーナー伊藤さん

声を嗄らしてマイルを応援しています。
全員自己ベスト!!!

大西(経3)
声を嗄して応援します。一人一人のベストを尽くして下さい。
心配ないさーーー!!

廣中(環4)
広中

マイルチーム
『最終日の最後の種目に慶應が出れないなんて寂しすぎるから、皆さん何としてでも決勝に進んで下さい。そしてメンバーの皆さん、木村篤を男にしてやって下さい!』

キムチ
『キムチがこんなに強くなるなんてとても嬉しいよ!決勝が大きな目標だと思うけど、表彰台を狙って欲しい!もし表彰台に立てたら例え僕一人でも胴上げします!さあ、ぶっこめキムチ!』

小川
『マイルのことはよく分からないけど、今年の全カレは小川が鍵を握っていると思います!走ってる時は聞こえないと思うけど、目玉が飛び出る程応援するから頑張って!』

選手はもちろんのこと応援する部員にも様々な思いを引き起こさせてきた全日本インカレ。

サポートになる人は、今年の全日本インカレは選手のために、そして次年度以降の全日本インカレへの思いを十分に溜めてほしいです。

選手は、明日に迫る全日本インカレに向けて多かれ少なかれ緊張をしているのではないかと思います。
競技場では、皆さんが主役です!
1年に一度しかない、4年生にとっては最後のインカレ、悔いのないように、自分の力を出し切ってください!
皆応援席から、それぞれの役職の場所から、応援しています。

明日から3日間に渡って行われます全日本インカレ。
是非、慶大競走部を見に国立競技場までお越しください。

長々と乱文失礼しました。

応援よろしくお願いいたします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です