宮岸暖、個人選手権の走幅跳にて大会新記録、塾記録で優勝

2010年6月18日(日)~10日に平塚で行われる日本学生陸上競技個人選手権大会にて主将の宮岸暖(法法4)が走幅跳で7m72の跳躍をし、大会記録を更新して優勝致しました。

また、自身の7m68という塾記録も同時に更新致しました。

本日までの本塾選手の記録は以下の通りです。

原 将人 110mH予選 14″56(+1.2)
平井 優季 三段跳 11m98(0.0) 6位
宮岸 暖 走幅跳 7m72(+1.3) 優勝
大会新記録
塾新記録

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です