関東インカレ選手紹介Part2

関東インカレ選手紹介&激励会での抱負

続いて3年生以下の男子選手を紹介していきます

九嶋大樹(環3)…4×100mR

短短パートを支えている3年生の中でも特にしっかり者の九嶋
3回目の関東インカレです
4×100mRのみのエントリーですが、100m・200mの2種目でB標準を切っています

「リレーメンバーの中でも4人に選ばれなかった悔しさは今は置いといて、
走ることになった場合を考えて、精一杯準備したいと思います!」

寺尾俊祐(総3)…100m・4×100mR

冬季練習中はケガや体調不良に苦しんだ時期もあった寺尾(。・ω・)ノ゙
そんな時もウェイトルームなどで、今できることをしっかりと実行する姿が見られました
100mのB標準突破者4人の中で、出場することが決まりました

「関東インカレにエントリーさせていただくのは今回で3回目ですが、
1年生の時は直前の接触事故でケガをして、4日間松葉杖で国立に通いました。
今回は2年前の悔しさを晴らしたいと思います!」

外谷陽輔(環3)…4×100mR

ゴールデンウィーク中の日体大記録会で初の10秒台を出し、B標準も突破した外谷
今勢いに乗っている選手の一人です( ´∀`)つ
自称「パンピーの星」として、ついに今年関東インカレの舞台で走ります

「入部当初は100mは12近くかかり、体脂肪率が19%位のおっさんだった外谷です(笑)
100mには出られませんが、その分リレーに懸けたいと思います!!」

廣瀬英行(環3)…400m・4×400mR

昨年は世界陸上にも出場した慶應のエース、廣瀬
記録が伸び、慶應だけでなく日本代表として活躍するようになった今でも、
謙虚な姿勢や、支えてくれている人への感謝の気持ちを決して忘れないのが、
廣瀬のすごいところだと思います
ただし、普段はただのオタクです(・∀・)笑

廣瀬も国際グランプリ陸上大阪大会出場のため、激励会は欠席でしましたが、
個別に抱負を聞いてみました

三浦洋平(経3)…4×400mR

六大の400m予選直後に肉離れを起こした三浦
予想よりも早く復活を遂げ、調子を取り戻しています
ゴールデンウィークの試合ラッシュ初日の東京選手権で400mの自己ベストを更新し、
チームに良い流れをもたらしてくれました

「この1週間で2回400mの自己ベストを更新し、波にのっています!
この勢いでマイル、そしてチーム全体を盛り上げていきたいと思います!」

秋本壯樹(総2)…砲丸投・円盤投

昨年の関東インカレでは、初出場ながら6位入賞を果たした秋本

競技面もそれ以外でも本当にしっかりして、頼もしい後輩です
冬季は他大学に練習に行くなどして、知識や技術を積極的に吸収していました

「ちょっと恥ずかしいんですけど…緋田さんの分まで頑張ります。
あと、出場する2年生6人で10点取りたいと思います!」

今年の六大で大活躍だった2年生
関東インカレでもチームに勢いをもたらしてほしいです

大野三津雄(環2)…4×400mR

ゴールデンウィーク中の日体大記録会で、400mの自己ベストを出し、
関東インカレのB標準も突破した大野

昨年の関東インカレでは、ビデオ係をやりながら、
「来年は絶対選手として出たい」
と同期のマネージャーはるひに話していたそうです

「初めての壇上で緊張しています。
今シーズンに入ってから調子が良く、ベストも更新しました。
マイルメンバーの一員として、しっかり点を取りたいです!」

大森理範(総2)…4×400mR

昨年の関東インカレ後、ケガで走れない時期が続いた大森
いつもは明るく冗談を言っていますが、
秋シーズン・冬季練と、辛いことも多かったと思います

それでも、春シーズンからは積極的に試合に出場し、
マイルメンバー入りを果たしました(^∀^)

「補欠ですが、もし出ることになっても、
“大森が走ったから記録が出なかった”と言われないように、
むしろ“大森が走ったから良い記録が出た”と言われるように、
頑張って強くなります!」

櫛田貴茂(法2)…800m

昨年はB標準を切っていながら、部内選考によりエントリー出来なかった櫛田
秋シーズンのうちにA標準を突破し、出場を決めました(´∀`*)

「秋本が言った2年生で10点、頑張ります!
強い2年生、そして強い中距離パートを見せつけたいと思います!」

本橋秀章(経2)…100m・4×100mR

六大でA標準を突破し、慶應のチームを盛り上げた本橋
今季急成長中で、関東インカレの活躍にも期待が高まりますっ

ちなみにみんなから「もとす」と呼ばれています

「100mでは自己新で決勝進出
4継では塾新で表彰台
を目標に頑張ります!応援よろしくお願いします!」

横田将大(総2)…800m

前主将で同じ800mの横田真人と名前が似ていることから「横田2号」と呼ばれている横田
中距離パートの中でも春シーズン特に調子が良く、
「1号さん(横田さん)」の後をしっかりと継いでくれそうです(・∀・)つ

「昨年の激励会は死ぬほど悔しい気持ちで選手の挨拶を聞いていました。
また、当日も気に食わないなぁと思いながら(笑)でも全力で補助員をしていました。
今年は出場しますが、出るだけでは終わらないつもりでいます。
最終日に笑ってトラックに立っていられるように頑張ります!」

小島弘毅(環1)…110mH

関係者やこのブログをよく読んで下さる方は名前にピンと来ましたか
・・・「こじまひろき」<emoji:idea>
そうです前副将・小島浩紀先輩と同じ名前の1年生です(・∀・)
40人近くいる新入生の中でも、一番覚えやすいのが彼です

110mHに出場予定でしたが、先日練習中に肉離れを起こしてしまいました

「力まず、力を抜いて、ケガだけには気をつけたいです(笑)」

坂庭大輝(総1)…1500m

六大では、1年生ながら7位入賞を果たした坂庭
800mでもA標準を突破していますが、今回は1500mのみでエントリーしています

長距離パートからは唯一の出場
応援席もきっと盛り上がります.。゚+.(・∀・)゚+.゚

「1年生ということで、チャレンジ精神を持ってレースに臨みたいです。
今後につながる試合ができるように頑張ります!」

笹村直也(法1)…800m

昨年の国体800mで、大会新記録で優勝という実績を持つ笹村
早い時期から合宿所に入ったこともあり、
すでにすっかり部になじんでいます

冬季はケガや体調不良などが続きましたが、
初めての関東インカレ、どんなレースをしてくれるか楽しみです

「去年以降、ケガなどで苦しんでいるのですが、
国体の再現ができるように頑張りたいです!」

関江太朗(環1)…200m

合宿所の同期と仲が良く、関もすっかりチームになじんでいます

入部間もないのに、自分でしっかりメニューを立てて練習に取り組んでいます

今後の活躍が楽しみな選手の一人です(*・ω・)ノ

「九嶋さん・廣瀬さんというB標準で自分より速い先輩がいる中で出させていただけるので、
“関を出して良かった”と思ってもらえるように精一杯頑張ります!」

以上、3年生以下の男子選手を一気にご紹介しました

関東インカレ初日まであと3日、次回は女子選手をご紹介致します

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です