箱根予選会選手インタビュー

こんばんは

今日は、予選会前の最後の日曜日となりました

今日の全体集合では、皆の前で、松田(理1)・樋口(環4)・成田(総4)が予選会への抱負を話してくれました。

今日からマネージャーブログでも選手の紹介を行っていきたいと思います。

今日は1年生の鐡本(理)・坂井(商)・松田(理)の3人です

1.今回の予選会の目標2.あなたにとって今回の予選会とは?を中心にインタビューを行いました。

鐡本智大

てっちゃんの愛称でみんなに親しまれています合宿所で生活しており、合宿所にはてっちゃんを愛する隠れファンがいるとかいないとか。。。先日は、競走部のSNSでは鐡本のコミュニティ―を発見してしまいました鐡本ファンの皆様必見です

「最近、好きなポケモンは?」という長距離パートチーフの質問に対しては「ニョロゾです。」ニョロゾはどんなものか知りませんが、進化前(?)のポケモンらしいです

そんな彼に、質問してみました

1.今回の予選会の目標
具体的にいうと20kmで66分代をだしたいです。
始めはついて行って、後半粘って、できたらペースを上げたいと思います。
目標としては金子さんと近いタイムで走っていきたいです。少しでも近くで走れるように頑張ります

2.あなたにとって今回の予選会とは?(今回インタビューしたメンバーは1年生ということで、みんな初の予選会です。)
予選会のイメージは人がたくさんいて、すごい!!というイメージです。
今回の予選会は、さらさらと「流水のごとく」走れればいいと思います!

独特な表現で、インタビューに答えてくれたてっちゃんありがとうございました

坂井貴紀

練習後グランドでストレッチをする坂井にインタビューを申し出たところ快くOKをしてくれました

夏合宿では、坂井の一言で場が笑いのつつまれるという状況をたびたび目にしました
もしかしたら、長距離で1番のムードメーカーかもしれません
4月からの親元を離れての一人暮らしをしていますが、6か月間で多少、一人の暮らしにも慣れてきたとのことです

さて、坂井へのインタビューです

1.今回の予選会の目標
7月の合宿の頃から、練習で走れない次期が続き、一緒に走る人には迷惑をかけてしまいました。
20kmという初めての距離となりますが、集団走をして、ラストを上げて最低でも68分代で走れるようにしたいと思います。

坂井はのまでの試合の最長距離は高校3年生に走った13kmだそうです

2.あなたにとって今回の予選会とは?
予選会は、高校の時、テレビでやっていたのを友人に録画してもらってみました。大勢のが大学生が箱根を目指していて、すごい大会だと思いました。
自分が20km走れると思っていなかったので、この距離に対しての憧れがありました。また競走部に入って、予選会へかけている先輩方の気持ちを知りました。
本番走れるなら精一杯走りたいと思います。

坂井の実家がある新潟県の高校の担任の先生も、坂井の予選会での応援してくれているそうです
初の予選会、初の20kmがんばってください

松田昴大

今日の最後のインタビューは競走部のまっちゃんこと松田です
松田は、千葉から日吉へ通学をしています
朝練には始発でも集合時間には間に合わないようですが、みんなより後にスタートをし、みんなが終わった後まで練習を行っています。
冷静な印象を受けますが、話をしてみるととても熱い思いの持ち主です

最初、インタビューの質問に対して、「秘密です!」と言われてしまいました
しかし、その後、言葉少ないながらも、インタビューに答えてくれました

1.今回の予選会の目標
目標は65分半です。
1年生ということで、攻めの走りをして、失敗を恐れず走っていきたいと思います。

2.あなたにとって今回の予選会とは?
予選会は箱根駅伝の足がかりになる大会ですよね。
4年生の時には、ぜひ、箱根に出たいです。
それを意識した、長い目で見るとステップのひとつとなると思います。

最後に一言「僕は、応援がとても力になります。是非応援宜しくお願いします。」

今日の集合でも、松田は、15km付近での応援を希望しておりました松田の応援は是非、15km付近でよろしくお願いします

選手レポートはまだまだ続きます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です