横浜市民大会2・3日目

こんばんは
先週に続き4月25・26日に行われた横浜市民大会の第2・3日目の結果をお伝えいたします

【第2日目】
これまでの暖かさとは打って変わって、
最高気温12℃の冬のような寒さ&激しい雨の中競技が行われたこの日、
100m・400mH・走高跳・円盤投に多くの選手が出場しました

●100m●

寺尾11″03(0.0m)2位
高校時代に一緒に国体のリレーを組んだことがあるという実力者2人と走った決勝。
前半ではトップに立ち、1位と僅かな差でゴールしました
調子は良く、走れているということで、次エントリーしている日大記録会での走りが楽しみです

馬場11″09(+0.8m)準決勝
この悪天候の中、先日の六大で110mHのB標準を切った馬場が100mの自己ベストをたたきだしました
準決勝のレースでは得意のスタートの速さが際立ちました

関カレまで1ヶ月を切ったということもあり、天候と自分の体調を考慮したレースを行う選手が多くいましたが、それぞれに収穫があったようです

【第3日目】
気温も上がり気持ちの良い晴天となりましたが、ホームストレートは強い向かい風が吹いていました。
この日は100mH・400m・三段跳がおこなわれましたが、どれもこの強風の影響を受けたようです

その中で好記録が出たのは・・・
●男子三段跳●

石川(理2)
14m19(+3.8m)3位
追い風参考ですがベスト記録です
今シーズン毎試合着実に記録を伸ばしている石川、
先週から数えて3週連続の試合となりますが、来週の記録会での跳躍が楽しみです

宇都宮(経2)
13.53(+1.0m)8位
最近20歳になった宇都宮
高校2年生以来2回目の三段跳で、本人も納得の自己ベストを出しました

横浜市民

試合後の二人です

石川(左)は3位以内がもらえる賞状を片手に写ってくれました
(…しかしこの後この賞状を私にくれました笑)

同学年で同パートに所属している二人、

試合中もお互い声を掛け合いながら競技にのぞんでいました

関東インカレの標準突破締め切り(5月6日)まで残された試合もわずかになってきました
また今年のユニバーシアード選考を兼ねたグランプリも始まり、
今週から来週にかけて試合・記録会が目白押しです

さらに、29日には新入生が正式入部いたします
そちらのレポートも楽しみにしていて下さい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です