長距離合宿最終日

おはようございます

長距離パートは昨日で6日間の合宿を終えました

昨日の最終日は、朝練習を行った後、最後の朝ごはんをいただき、それぞれ帰る支度をしました

その後、6日間お世話になった宿泊施設の掃除をしました

今回利用させていただいた宿泊施設は、練習の行われる競技場から徒歩1分の所にある施設で、施設の方には朝・昼・晩と食事を用意していただいたり、練習後のお風呂の準備をしていただいたり、合宿を行うにあたり、素晴らしい環境を準備していただきました

また競技場は、8時半~17時より利用可能で、多くの練習をこの競技場でしました

合宿中お世話になった宿泊施設・競技場管理者の皆様ありがとうございました

昨日は午前の練習を行った後、2台の車で帰路につきました

午後の練習は、10000mのうち、9000mをペース走その後の1000mを各自で走るという内容のものでした

合宿中は、競技場のみの練習に留まらず、砂浜での練習や、ハードルを利用した体の色々な部分を使った練習を行うことで、その動きから選手達は自分自身また他の部員達の新たな才能を確認することができました

そして、今回の合宿は、新1年生の大森と斎藤が参加してくれ、人数も普段より少し多く、集団として、まとまった練習を行うことができました

練習中のビデオの確認を行い、自分の動き・他の部員の動きを確認をする姿も見られました

長距離パートは来週行われる春季オープンをシーズン始めの試合とする選手も多くいます

選手たちには、6日間の疲れをしっかり抜いて冬季練・合宿での練習の成果を思う存分発揮してほしいです

今日は雨の中、東大記録会が行われています

今後とも慶大競走部の応援よろしくお願いします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です