第13回関東文系学部学生親善陸上競技大会

4年マネの久保田薫です。
第13回関東文系大会をレポート

日時:
9月20日(土)

場所:
上柚木陸上競技場

出場選手と結果:
◆露木諒(環4・フィールドパートチーフ)◆
走高跳 2m00

関東文系1

アイス冷たいから
はやく撮ってね

関東インカレ入賞者である露木の跳躍を
同種目出場選手たちが羨望のまなざしでみつめる。

2m00は一回でクリア。

助走は60点です。ただ、次に期待が持てる60点かと思います」
と自分の跳躍を振り返る。
27日の早慶戦での活躍が期待される。

——————————————————————
◆谷川慶剛(法4)◆
走高跳 1m85
関東文系2

←いちばんアイス食べたかったのは彼

1m90の三本目が自分の全てを出せたと思える跳躍ではなかったので、来週(早慶戦)はそういう跳躍をして後悔を残さないようにしたいです。」

cf:
天気:晴男(谷川)の出場により台風が去り、晴れ

——————————————————————-
◆本間成彬(経3・新短短パートチーフ)◆

100m 11秒41(+1.3)

台風も去ったよく晴れた今日のこの日13時頃。
新しくできた日吉競技場で新幹部あいさつが行われる予定であった。

関東文系大会60mと100mに出場して、
「強行スケジュール」で日吉に帰った本間。
お疲れさまでした。

「ベストにあと首ひとつおよびませんでした。せっかくの好条件を活かせず、残念です。次(の試合出場予定)は23日なので頑張ります」

———————————————————
今日・明日の関東新人大会には部員が多数出場!!
レポートにご期待下さい。

早慶戦まであと一週間応援をよろしくお願いします。

主催者である慶大同好会の方々、本日はありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です