全カレ選手紹介 Part7

こんばんは(・∀・)つ
いよいよ明日に迫った全カレ!!
12時間後には慶應競走部にとっての最初の種目、
男女4×100mRが終了しているのではないでしょうか・・・・

真に目前に迫った全カレの選手紹介も残りあと二人
トリを飾るのは、明日の最初の種目、
女子4×100mRの1走を務めるトリプルジャンパー麻場友理佳(環3)です!!

麻場は今大会、
三段跳、4×100mR、4×400mRの3種目にエントリーしています

初めての全カレを目前にして今の気持ちは??

「今はドキドキしていますが、当日は楽しめるだろうなぁ、という
 とてもいい緊張感を持てています。

関カレに引き続き、3種目にエントリーしていますが、
どの種目が一番緊張しますか?

「個人での三段跳よりもやっぱり4継が緊張します。
 自分の専門である三段跳とは全く種目の特性が違うということもありますし、
 やはりバトンをつないで“6人で一つ”ということを意識すると
 自然と緊張が高まります。」

前回バトンをつないだ関カレから約4ヶ月経ちましたが、
女子のリレーメンバーの雰囲気はどうですか?

「結成してから4~5ヶ月経って、
 今までで一番6人全員が同じビジョンを持てていて、いい状態です。
 何より、全員を信頼できるようになったことがリレーとして大きいです。
 関カレでの失敗から、学年に関係なく意見を言い合い、
 6人全員が納得する方向に進んでこれました。
 “信頼の上でのバトンワーク”を前提条件として、作ってきたチームです。」

DSCF0083
女子リレーメンバーの6人。
関カレのときより全員肌が黒くなっているのは気合いの表れです

関カレでは決勝進出を期待されながら、
準決勝でまさかのバトンミスのため失格になってしまった女子4継チーム。
その失敗を糧に、関カレ以上に頻繁にバトン練習をこなしてきました。
走る4人だけではなく、メンバー6人全員で当日は勝ちに行きます!

DSCF0084
K E I O  T F

信頼も深まり、結束が高まったリレーメンバーは
こんなこともできちゃいます(笑)

本職の三段跳はどうですか?

「今シーズンは動きがかみ合わず苦しみましたが、
 ようやく動きがかみ合い、不安より楽しみが大きくなってきました。」

先日、浮氣統一(商3)が十種で関カレB標を突破し、
8月末には小栗良太(環2)が走高跳関カレB標を突破
勢いにのっているフィールドパートの代表として全カレに出場するということで
プレッシャーはありますか?

「プレッシャーはありません。
 合宿でも各学年がそれぞれの立場の責任を果たして、
 フィールドパートとしてとてもいい関係が築けたと思います。
 全員が現時点でそれぞれの目標を持って競技に取り組んでいて、
 第一の目標を達成した小栗や浮氣の姿を見て、みんなの勢いをもらって
 今度は私の番だ!と思えるようになりました。

麻場の今回の目標は??

6本跳ぶことが最低目標です。
 が、こだわりすぎると固くなってしまいます。
 なので、今自分にできるベストの跳躍をしたいです。
 そうすれば、ベスト8は見えてくると思います。
 逆に言うと、今の私には、人の勝負にこだわるというよりも
 自分のベストのパフォーマンスをすることで必ず結果はついてくるという
 自信があるんです。

誰よりもストイックに練習に打ち込んできた麻場ならではの力強い言葉です

そんなストイックな麻場ですが、
リフレッシュ方法などはありますか??

「そうですね・・・そもそも練習ではあまりストレスはたまらないです。
 辛い方が楽しいくらいです

・・・・・ストイックです。

「あ、半身浴が好きです
 汗で前が見えなくなるまでお風呂につかっています( ´∀`)つ」

・・・・・ストイックです。

「あと、いつもはジャージばかりなので、たまに私服でお買い物に行きます。
 足が棒になるまで

・・・・・ストイックです

そのほか、実家で久しぶりに高校の同期と練習したり、
美容室に行って髪型を変えたりすることで気分転換しているようです(*・ω・)ノ

全カレ前にも髪を切って気分を一新()した麻場。
慶應が誇るストイック女王、麻場友理佳の進化したスーパートリプルジャンプは
13日(土)12時にお披露目です 
その前に、明日、12日(金)10時からの4継にも出場いたしますので
皆様お見逃しなく

DSCF0088

国立競技場で
麻場の素敵な笑顔が皆さんをお待ちしています(☆゚∀゚)

次はいよいよ大トリ!!
慶應の大エースが登場です!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です