平成国際大学競技会

こんにちは

6月28日土曜日に行われました、平成国際大学競技会のレポートです

この日は、3000m障害に原田憲一 (経2)、
5000mには岡本拓也(法4)、小谷野敬行(法4)、篠田洋平(総4)、山本洋平(経4)、梶原浩紀(環2)、金子隼輔(理2)が出場いたしました

詳しい結果は公式HPにてご確認ください(`・ω・´)

今回の競技会では、梶原が4年ぶりにベストを更新いたしました

かじ

レース後の梶原です!!

試合後、今回のレースについて梶原に話を聞いてみました.。゚+.(・∀・)゚+.゚

『 4年ぶりに自己ベストを更新することができて、本当に嬉しいです。
入部した時は「一年で高校生の自分に戻す」という目標を立てましたが、ちょっとオーバーしてしまいました。

今シーズンは走るレースですべて失敗し、中学生の自分の記録も越えられず、かなりしんどい競技生活を送っていました。
去年の冬から、故障もなく、練習もしっかりとこなせていたので結果がでないことに焦っていました。
他の部員が次々と自己新記録を出しているのもプレッシャーでした。

でも、自分自信を信じて、自分に期待をすることだけはやめませんでした。きっかけさえ掴めれば結果を出せると信じていたので、諦めずにいろんなことを試してみました。

きっかけさえ掴めればこれからのことをイメージしやすいですし、モチベーションも上がるので今日は記録を出せて嬉しいです。

今日は、神奈川県の端っこから埼玉県の端っこまで、ものすごい時間を掛けて来てくれたマネージャーのためにも、絶対に自己ベストを出すと意気込んできました。

今シーズンはもうレースがないので、予選会を視野に入れながら夏を乗り切っていきたいと思います!! 』

力強いコメントです
これで、長距離パートの2年以上の部員は、大学に入って全員ベストを更新いたしました

今週末は順大記録会のレポートをお届け致します(*・ω・)ノ
どうぞご期待くださいませ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です