日体大記録会

こんばんは (´▽`)

14、15日に行われました、日体大記録会のレポートをいたします

慶大競走部からは吉岡達郎(100m・経4)、浮氣統一(混成・商3)、結城力(100m・環2)、宮岸暖(走幅跳・法2)西森大展(やり投・理1)の5人の選手が出場しました

その中で自己ベストを更新したのが・・・

十種競技に出場した浮氣統一(商3)です
先日のブログの最後でも紹介されていました

1日目は、最初の種目である100mで11秒59
そして次の走幅跳で6m37といきなり自己ベストを連発

この日は日中30度を越えるほどの暑さで、体力の消耗も激しい中、
3070点と自己ベストを出した筑波大記録会の初日合計に迫る得点で折り返しました
記録更新に期待がかかります(*゚∀゚)っ

そして2日目、午前中は前日に比べると涼しかったのですが、午後からは気温が上がり、この日も暑い中での試合となりました
飲み物の消費もすごい量でした

080615_105401

円盤投終了後、
次の棒高跳に向けて体を休める浮氣(左)と、
この後走幅跳に出場した宮岸暖(法2・右)

この日も棒高跳が3m70やり投が43m51と、2種目で自己ベストを更新
特に棒高跳では、3m70を1本目でクリアし、周囲から拍手も起きました(´∀`*)

080615_180058

2日間を終えて総合得点5828点
自己ベストを100点近く更新いたしました

浮氣は1ヶ月後の京都府選手権で関東インカレ標準切りを目指します

今週末には、横浜市記録会・日体大長距離記録会が行われ慶大からも多くの選手がエントリーしています

これからも応援よろしくお願いします.。゚+.(・∀・)゚+.゚

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です