神奈川県選手権1日目

こんばんは!

慶同戦を終え、一夜明けた本日は等々力競技場で
神奈川県選手権が開催されました

今日は天気にも恵まれ、絶好のコンディション(*゚∀゚)っ
6位以内に入賞すると、
8月に茨城で行われる関東選手権への出場権を獲得できるという今大会。
同志社戦直後であり、疲労もピークを迎える中、慶大からは
男子4×100mR、男子走幅跳、女子5000m
に選手が出場いたしました。

男子4×100mRは残念ながら失格で予選敗退してしまいましたが、
4継の1走を務めた本間崇之(理4)が走幅跳で4年ぶりの自己ベスト更新の活躍。
逆転で3位入賞関東選手権出場権を獲得いたしました。
試合終了後、普段ポーカーフェイスの本間が何度もスタンドの競走部員の声援に
笑顔で応えている姿が印象的でした。
女子5000mに出場の漆原啓子(理4)もベストには届かなかったものの、
昨年に引き続き、優勝で関東選手権出場を決めました

080601_164748

女子5000m優勝の漆原啓子(左)
男子走幅跳3位入賞の本間崇之(右)

先日関東インカレで自己ベストを更新した木原沙織(法4)に引き続き、
慶應湘南藤沢高校出身の4年生が大活躍しています

今週は6月6日から3日間、平塚で日本学生個人選手権が開催されます。
関東インカレ、慶同戦が終わり、チームとして戦う公式戦はしばらくありませんが、
今後も毎週様々な大会が開催され選手が続々と出場いたします。
各大会で戦う選手達の様子をこれからも紹介していきますので
ご期待ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です