国際グランプリ大阪

こんばんは(。・ω・)ノ゙

5月10日(土)に、大阪は長居公園陸上競技場で行われた
国際グランプリ大阪大会についてレポートいたします

私事で大変恐縮ですが、大阪出身の私にとっては
長居競技場はまさにホームグラウンドであり、
国際グランプリには毎年観客として足を運び、
トップ選手のパフォーマンスに感動していました。
この大会に、所属するチームの選手が出場するということで、
本当に誇らしい気持ちでいっぱいな私でした

招待選手のみが出場できる今大会、慶大競走部からは
男子800mに横田真人(総3)が出場いたしました(・∀・)

また、日本Jrチーム代表として4×400mRに廣瀬英行(環1)が、
日本Bチーム代表として4×100mRに中村宝子(環1)
出場しました

当日はあいにくの雨
それまでの暖かい気候とは打って変わって、
5月とは思えないほどの寒い一日でした

そんな中、昨年の日本選手権、世界陸上に引き続き、
相性のいい長居競技場でのレースとなった横田は、
前半から積極的に集団の前に
400mの通過は52秒
その後、集団後方に後退したものの、水豪付近を過ぎると一気にスパート
持ち前のラストスパートで見事、前を行く選手を抜き去り、3位入賞を果たしました

記録は1分48秒54でした
自己ベスト更新はなりませんでしたが、
雨の中のレースでの好記録、
また外国人選手も多数いる中で日本人トップの3位という横田の結果は、
関カレを間近に控える競走部にとって、
とてもうれしいニュースとなりました( ´∀`)

日本Jrチームの3走をつとめた廣瀬と日本Bチーム2走の中村も、
悪天候ながら、自分の力を発揮し、
チームに貢献する走りで観客を湧かせました
まだまだ伸び盛りの2人の活躍に期待が高まりました

今週末はいよいよ関東インカレです(`・ω・´)

080511_122731

今大会で着用したユニフォームを着て
ガッツポーズする廣瀬

関東インカレでは是非、廣瀬の走りにご注目ください(*゚∀゚)っ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です