第1回早稲田大学競技会

4年生の久保田薫です。

4月20日(日)に行われた早稲田大学競技会のレポートをします

【出場選手と結果】
福田亮介:やり投 58m17
谷川慶剛:走高跳 2m00
桐本篤:砲丸投 13m57 関東インカレB標準突破
緋田亮:砲丸投 11m56、円盤投 31m21 

【今日は運動会】
早稲田競技会は、早稲田大学の所沢キャンパスで行われた。
午前7時30分。競技場もまだ目覚めたばかりというところか、一人もいない。
シートを広げているとお散歩中のおばあちゃんに話しかけられた。ご近所に住む方だそうで、
「今日は運動会があるの?」
「はい、そうです」と答える。(本当は試合なんだけど)
「応援にくるわね!」とおばあちゃん。
「ありがとうございます。ぜひ!」と笑顔で見送り、選手のみなさんを待機。

福田主将登場。
「おはようございます
今日もさわやかな福田です。

【安定した記録を残す、福田】
やり投競技開始は10時。
始まったと思ったら、テキパキと指示が出され
「もうオレの番か?」
と言わせたくなるほど競技が急ピッチで進められていく。
日体大の競技会に勝る手際の良さだった。

福田の結果は六大学対校戦と同じ58m17。
今季試合は、59m、58m、58m台と安定した結果を残す。
関東インカレ標準記録(61m00)は
「ゴールデンウィークの日体大記録会で突破する!!」
と熱い思いを語ってくれた。

【試合中も笑顔、谷川】
走高跳に出場した谷川慶剛。
先日の六大学対校戦では、自己新の2m00の高記録を残した。
1m85から跳び始め、90、95を一回でクリア。
2m00も一回でクリアし、笑顔がこぼれた。
残念ながら2m05には届かなかったが、
来週の横浜市民大会で関東インカレ標準記録突破(2m05)を狙う。

【ついにB標準突破、桐本】
砲丸投のサークル内は桐本のベストポジションである。
試合を終えた福田・谷川が見守る中、桐本が砲丸を投げる。
1投目から13m超え。
「桐本はいける!」と誰もが思った。
5本目に13m57を記録。
関東インカレの標準記録をゆうに7cm超える高記録。

「桐本にパピコをあげなきゃな」と福田主将。
「5cm分けてほしい」と谷川。
関東インカレの出場が楽しみでならない。

【ポテンシャルNo.1、緋田】
砲丸投に桐本と出場後、円盤投に出場。
フィールドパートの先輩が見守る中試合の臨む。
記録は31m21。
桐本を始め、他種目競技の福田・谷川からも熱い指導を受ける。
素直に聞き入れ競技の向上に取り組もうとする緋田。
まだ2年生になったばかり。
今後の活躍が期待される。

早稲田大学競技会に出場されたみなさまお疲れさまでした!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です