東京マラソン2008

昨日行われた東京マラソン

今朝の新聞、テレビでも大きく取り上げられていましたね(・∀・)つ

速報で報告させていただいたとおり、
今年の東京マラソンにはたくさんの慶應関係者が出場いたしました

最も輝いていたのはもちろん

レース後の針谷さん
学生陸上最後の試合として臨んだ

針谷勇次(商4)さんです

針谷さん@中間地点
中間地点を颯爽と通過

21キロ過ぎてもフォームは崩れていません

早慶戦、箱根予選会が終わり多くの4年生が引退される中、
学連選抜チーム入りを果たしていた金森さんと共に
チームの練習に参加し続けてくださっていた針谷さん.。゚+.(・∀・)゚+.゚

なんと予選会後に5000m、10000mの自己ベストを次々と更新
その勢いは誰にも止められない()ものでした

しかし、好調を維持されていた針谷さんに突然のアクシデント
1月の初めに膝を故障
引退レースの東京マラソンに向けて暗雲が立ち込めました

それでもケガに負けることなく治療を受けながら練習を続け
レースの3日前からようやく走れるように

いよいよ当日

コーチから状態を不安視されながらも、針谷さんは素晴らしいLAPを刻み続け
気がつけば2時間25分台の素晴らしい記録をたたき出していました(*゚∀゚)っ

今大会で学生陸上にピリオドを打った針谷さんですが、
社会人になられてからも陸上を続け、
来年は同期の先輩方と東京マラソンに再び挑戦すると宣言してくださいました

来年も楽しみです(^∀^)

そして忘れてはいけないのが現役として唯一出場した、
シュナッピーこと篠田洋平(総3)です

レース後の篠田

レース終了後、メダル・・・・

ではなく、選手用IDをくわえる篠田

篠田@中間地点

中間地点での篠田

ちょっと苦しそうです

目標としていた2時間半切りには届きませんでしたが、
2時間32分台の好タイムでゴール

さすがにゴール後はぐったりしていた篠田でした(●´ω`●)

針谷さん、篠田以外にも
競走部のOBの方々がたくさん出場されていました

東京マラソンという素晴らしい大会で
競走部のOBの方々と現役の選手の夢の競演 (=゚ω゚)人(゚ω゚=)が実現しました

来年はさらにたくさんの慶應関係者が出場する予定なので
ご期待ください

いよいよ沖縄合宿(短距離・中距離・フィールド)まで1週間を切りました
来週の今頃は沖縄にいます
シーズンはもう目の前です(`・ω・´)
競走部一同シーズンに向けて精進しておりますので
これからも応援よろしくお願いいたします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です