日吉陸上競技場

私たちが主に練習場所にしている慶應義塾大学日吉陸上競技場は、日吉駅より徒歩1分の場所に位置しています。 2008年9月に改修工事が完了・竣工し、日本陸上競技連盟第4種公認の陸上競技場になりました。

Post from RICOH THETA. – Spherical Image – RICOH THETA

直線は8レーン、コーナーは7レーンあり、跳躍用の砂場をバックストレート側に2ヵ所、砲丸投げピット1ヵ所、投擲用サークル1ヵ所、やり投げ用ピット2ヵ所等を完備しています。3000m障害用の水濠は、日本では珍しい内水濠です。
この競技場の最大の特徴はインフィールドに人工芝を敷設している点です。投擲競技も行える世界初の人工芝の公認競技場であります。

照明装置も完備しており、夕方以降も安全に練習を行う事ができます。競技場周辺には適度な坂や階段などもあり、坂・階段ダッシュといった練習や、クロカンコースを設定して長距離パートが練習を行っています。

 

部室

競技場とともに、新しい部室も2008年9月に完成しました。

ミーティングルーム、男女更衣室、シャワー、トレーニングルームを備えています。ミーティングルームには塾記録、関東インカレ標準、各パートの目標が張り出され、部員の士気を高めています。

・トレーニングルーム

トレーニングルームにはフリーウエイトスペース、スクワットラック、ベンチプレス台等を備え、多様なトレーニングが可能です。パワーマックスもあり、無酸素系のトレーニングもできます。

合宿所

慶應義塾大学体育会競走部合宿所(男子部員限定寮)は日吉競技場から徒歩で約10分の場所にあります。平成28年2月現在は17人の部員が在住しています。
在寮費は食費(朝・夕)、電気代を含めて一ヶ月あたり57000円です。

専門種目は問いません。入寮を希望される際は監督の了承が必要となるので、あらかじめご連絡ください。

℡:045-563-9791

生活の様子などは合宿所通信をご覧下さい。